手作りご飯なら愛犬の健康を維持することが可能

愛犬の与えたい食事

愛犬に食べさせるドッグフードには、健康に配慮のできるものにしたいです。そこで通販で販売されている国産品質で無添加のドッグフードを選ぶよいでしょう。健康に長生きのできるように食事面の配慮もしてあげることが大切です。

ペットの健康管理は病院で

所定の診察時間を設けて診療を付けているのが、千葉の動物病院です。予約の必要がないため、思いついた時にすぐに受診が出来るのが、動物病院の診療態勢です。ワクチンの接種やドッグ検査などがあり、日常的な健康管理に役立つ診療が行われています。

ペットのご飯を手作り

エサ

与えやすい食品の一例

犬に手作りご飯をあげる場合、使いやすい食品が幾つかあります。犬の食いつきが良い肉類などは、手作りご飯にもってこいの材料となります。脂の少ないヘルシーな部位を利用すれば、肥満が気になる犬でもカロリー過多の状態に陥らずに済みます。鶏や豚の脂身などは、犬にとっても余り消化が良くない食品となるため、胃腸の機能が衰え始めた高齢の犬や病気の時に与えるのは控えた方が賢明です。鶏肉のささみやムネ肉は、高たんぱく低脂肪であり、犬の手作りご飯にも利用がしやすい食品の一例です。パサつきがちな部位は、スープ仕立てにすると食べやすさが増します。じゃがいもや人参、葉物野菜なども、犬のビタミン補給に役立つ食品です。手作りご飯に使用する時は、犬が食べやすいように予め小さくカットしておきます。米も、きちんと火を通せば手作りご飯の材料として十分に活用が可能です。犬にとっても、適量の炭水化物は必要です。十分なカロリーを摂取するためにも、手作りご飯には若干の穀物を加えるのがコツとなってきます。ボリュームも出ることから、食後に適度な満腹感が得られます。通常の乳成分に耐性を持たない犬には、乳製品は適さないと言われています。ただ、発酵のプロセスを経た食品なら、状況次第では手作りご飯に使用が可能です。無糖タイプのヨーグルトは、適度なタンパク質が含まれており、水分も多いため、食欲がない時に与えやすい便利な食品に挙げられます。整腸効果があるヨーグルトは、胃腸の調子が悪い時にも利用が出来ます。

皮膚病という病気

犬の病気として、皮膚病が非常に多い。細菌性皮膚炎は常在菌によるトラブルであり、抗生物質で対応できる。真菌性皮膚炎は治療が長引く事が多いが完治できる。その他にも皮膚病には様々な種類があり、それぞれに合った治療が必要である。