手作りご飯なら愛犬の健康を維持することが可能

皮膚病という病気

犬

どの様な症状か

日本ではペットして人気の高い犬。犬は人間同様病気をするが、皮膚病は犬の病気の中でも最も多いと言われている。皮膚病の原因にはいくつかの原因がある。細菌性皮膚炎は、犬の皮膚に細菌が侵入する事で炎症を引き起こす病気である。症状としては、かゆみ、発赤、発疹などが生じる。この症状を引き起こす細菌は、犬の皮膚に常に存在しているものであり、免疫力が低下するなど、様々な要因によって大量に増えてしまい、結果として症状を引き起こす。治療としては抗生物質の使用により治す事ができる。2つ目に真菌性皮膚炎という皮膚病がある。これは真菌と呼ばれるカビの仲間が皮膚に入り込み感染、発症するものである。細菌性に比べ、治療に時間がかかる傾向がある。数週間〜数か月かかる事もある。アレルギー性皮膚炎は、環境と食物の2つの因子が関係している。ハウスダストなどは環境因子であり、家の中を掃除して清潔に保つ必要がある。症状は目や口、耳といった顔周囲に出る事が多い。他にも腹や背中などにも出現する。完治しにくい皮膚病である。ノミの寄生による皮膚炎もある。ノミが寄生する事でかゆみや発疹などが生じるものであり、犬同士や、人間にも寄生する事がある。対策としては、予防薬を使用する事でノミの寄生を防ぐ事ができる。他にも接触性皮膚炎や疥癬症、脂漏症などの病気もある。さらには乾性脂漏症や毛包虫症、心因性皮膚炎などといった病気も挙げられるため、注意が必要となる。